小児歯科

  • おおはし歯科ブログ
  • 歯医者の選び方
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン

生涯の歯の健康は乳歯から始まる

時々、「乳歯はどうせいつか抜けるから虫歯になっても大丈夫」という言葉を耳にすることがあります。しかし、これには乳歯こそ、生涯の歯の状態を左右する大事なときだという認識が欠けています。

乳歯には永久歯が生える位置を確保するという大事な役割があるのです。虫歯になり、生え代わりが遅れると、永久歯が重なって生えてくる原因になります。また、重度の虫歯になってしまうと、下の永久歯にも感染することがあります。乳幼児期は様々なことを覚える時期でもありますので、そのときに虫歯になるということは、不適切な発音や咀嚼を身に付けてしまうことでもあります。

さらに、乳幼児期のお口のケアへの取り組み姿勢や食習慣は成長してからも影響を与えます。いつでもやり直しは効くと思わずに、全ての歯を大切にしてあげてください。

虫歯から乳歯を守る処置を小児歯科で

小さなお子様をお持ちの親御さんで、お子様の歯磨きが大変だと感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。お子様は歯磨きを覚える段階であれば、まだ一人で完全にできないため、仕上げ磨きをしてあげていることでしょう。

乳歯は永久歯よりも歯質が未熟で組織が柔らかいため、虫歯になりやすい状態をしています。親御さんの仕上げ磨きがないと、すぐに虫歯になってしまうため、非常に重要なのです。虫歯になりやすい乳歯を守るため、歯医者でも以下のような処置でお口をサポートしています。

フッ素塗布

乳歯にフッ化物を塗布します。フッ素は歯磨き粉にもよく含まれている成分で、歯の再石灰化を促します。再石灰化とは、虫歯の前段階としてミネラル成分が抜けた状態(脱灰)を修復するはたらきです。再石灰化は唾液にもある効果ですが、フッ素はさらに歯質強化、殺菌効果もあります。歯科医院では、市販のものよりも高濃度で効果の高いものを使用しており、一定の虫歯予防効果があります。

シーラント

歯科用プラスチックで奥歯に薄く蓋をする方法です。虫歯になりやすい部位といえば、奥歯の咬合面です。咬合面は谷のように複雑な形をしていて、食べ物が残りやすく、磨き残しやすい場所です。しっかりと歯磨きが出来ていれば虫歯の心配はありませんが、毎回完璧に磨くことは難しいことです。シーラントで咬合面に食べ物がはさまらないようにすることで、虫歯予防が出来ます。

Contact お気軽にご相談下さい

オオハシ 028-647-0084

アクセス