インプラント

  • おおはし歯科ブログ
  • 歯医者の選び方
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン

インプラントは失われた天然歯の機能を取り戻します

インプラント治療とは、脱落した天然歯の代わりに人工歯を顎の骨に埋め込み、歯としての機能を回復させる治療です。体内にインプラントを埋め込むイメージから、なかなか治療に踏み出せないという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、衛生環境が保たれた空間で、確かな技術を持つ歯科医師が正しい手順でインプラント治療を行えば、入れ歯のような違和感の無い、天然歯と同様の噛み心地を再び手に入れることができます。

インプラントはこんな方におすすめです

  • 入れ歯がずれたり外れたりしてしまう方
  • 硬いものもしっかり噛めるようにしたい方
  • 入れ歯の金属が見えて気になっている方
  • ブリッジ治療だと歯を多く削らなければならない方

※重度の歯周病がある・骨の量が著しく少ない・インプラント埋入部位の近くに虫歯がある・将来矯正治療を考えている、等の場合においては、インプラント治療の前に別の治療を行うか、適切なタイミングを見て治療をスタートします。

安心・安全なインプラント治療に不可欠なCT検査

インプラント治療の中でも最も正確性が求められるのは、インプラントの埋入処置です。患者様の歯だけでなく、顎の骨の構造や神経の位置まで把握した上で埋入の位置・角度を決めないと、手術時間が長引くばかりか患者様のお身体を傷付けてしまう恐れもあります。

そういった危険から患者様を守るため、当院では歯科用CTを導入し、従来のレントゲン検査よりも精度の高い検査を行っています。レントゲンでは平面(2次元)のパノラマ画像でしかお口の構造が確認できませんでしたが、歯科用CTでは立体(3次元)によって骨の断面図まで観察することが可能です。これまでは難症例とされてきたケースにおいても的確な診断ができるようになり、CT画像に基づいた治療シミュレーションに沿って処置を行うことで、正確かつスムーズなインプラントの埋入が実現します。

歯科用CTは治療の安全性と成功率を大きく左右する、インプラント治療の重要な要素となっています。また、インプラント埋入後にもCT画像を撮影し、計画通りにインプラントが埋入されたか状態確認を行っています。

インプラント治療におけるオーバーデンチャー

全ての歯を失ってしまった場合にインプラントと入れ歯を併用する治療法です。上顎は4本、下顎は2本のインプラントを埋め込み、取り外し可能な総入れ歯を装着します。

この場合の入れ歯は通常に比べて、余分な留め金の必要がなく、健康な歯を削る必要もありません。インプラントに総入れ歯がしっかりと固定されるので、横滑りや回転などを防ぎ、安定してお使い頂けます。

固定式の入れ歯インプラント

こちらも全ての歯を失った場合に受けられる治療法です。上顎・下顎それぞれ6本程度のインプラントを埋入し、口の中の歯全体を固定式の総入れ歯にするインプラント治療法です。

インプラントの本数を少なく抑えた上に固定式の歯を入れるため、体への負担も少なく、会話や食事の際に外れる心配がありません。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

インプラント治療に対する患者様のお悩みやご要望をお伺いし、健康状態の確認や視診・触診による口腔内検査を行います。

検査・診断

CT画像検査を用いて残存歯の状態や顎の骨の構造を診断し、具体的な治療方法や治療期間、費用や採用するインプラントなどを決定します。

インプラント埋入準備

インプラントをより長持ちさせるために、インプラントの早期脱落の原因となる虫歯や歯周病の治療を行います。インプラントを埋入する部分の骨の量が足りないと判断した場合は、骨造成治療を行ってから埋入処置に入ります。

インプラント埋入(一次手術)

局所麻酔を行った後、顎の骨にインプラントを埋め込みます。埋入後は治癒期間を設け、インプラントと周囲の骨が結合するのを待ちます。この間に仮歯を使用できるケースもあります。

アバットメント取り付け(二次手術)

再度歯茎を切開し、インプラントにアバットメントと呼ばれる人工歯の土台を取り付けます。アバットメントは、歯茎の上に露出する人工歯の部分(上部構造)と歯茎の中に埋め込まれたインプラント本体を繋げる役目を果たします。

人工歯(上部構造)の装着

患者様本来の歯の色や形に合わせて人工歯を製作し、アバットメントに装着します。これでインプラント治療は終了ですが、インプラントは定期的なメンテナンスをするかしないかでその寿命が大きく変わってきます。ブラッシング指導や噛み合わせの確認、歯周病のチェックなどを継続的に行い、ベストな状態をキープしていきましょう。

インプラント治療後はインプラント周囲炎に要注意!

インプラントは人工歯ですので、虫歯にはかかりません。しかし、日頃のケアや歯科医院でのメンテナンスを怠っていると、歯周病と似たインプラント周囲炎という症状を引き起こすことがあります。

インプラント周囲炎の原因は、歯周病と同様に口腔ケア不足による歯周病菌の繁殖です。天然歯のように神経や血管が通っていないインプラントは炎症や出血を起こしにくく、痛みも感じにくいため早期発見が難しいものとなっています。さらに、インプラント周囲炎は歯周病に比べて症状の進行スピードが圧倒的に早く、気が付いた時には症状がかなり悪化しているケースが非常に多いです。

インプラント周囲炎によって周囲の骨が溶かされるとインプラントの動揺が始まり、いずれは抜け落ちてしまいます。逆に、定期的なメンテナンスを通して効果的な予防や早期リスクの発見に努めれば、一度入れたインプラントを何十年も良好な状態に保つことが可能です。
当院でもインプラント治療後のアフターケアを大切にし、患者様お一人おひとりに合わせた予防・治療でお口の健康を長くサポートさせて頂きます。

Contact お気軽にご相談下さい

オオハシ 028-647-0084

アクセス