矯正歯科

  • おおはし歯科ブログ
  • 歯医者の選び方
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン

患者様お一人おひとりの歯並びと向き合います

「悪い歯並び」と一口に言っても、出っ歯・受け口・開咬(オープンバイト)などその症状は様々です。顎や舌の動きを妨げる歯があると咀嚼や発音に支障をきたし、凸凹した歯列は丁寧に歯磨きを行っても磨き残しを作ってしまいがちです。また、歯並びは顔の中でも見た目の印象に関わる重要な部分であり、歯並びをコンプレックスに感じてコミュニケーションに消極的になってしまう人も少なくありません。

悪さをしている歯はどの歯なのか、矯正を始める適切なタイミングはいつなのか。患者様のお悩みと真摯に向き合いながら、心から笑顔になれる矯正治療に努めています。当院は小さなお子様からお年寄りの方まで、地域に密着した治療を行う歯科医院です。

患者様の笑顔と歯の健康を守る成人矯正

矯正治療は子供だけのものではありません。接客業をしていて自分の笑顔にもっと自信を持ちたい方、人前に堂々と出て喋りたい方など、見た目を気にして矯正を始めたいと思う方が成人矯正の患者様には多くいらっしゃいます。基本的に矯正治療は何歳からでも始めることが可能です。成人矯正を通して噛み合わせと顔貌の改善、そして健康的な暮らしの実現をサポートします。

目立たないマウスピース矯正

透明なマウスピースを使った矯正方法です。取り外しできるマウスピースをお口の中に入れていただくことで、歯並びが整っていきます。ブラケットのような目立つ装置をお口に装着する必要はなく、少しずつ歯が動くので、目立ちにくく矯正治療を行うことが可能です。ただし、長時間着けていただくことで効果を発揮する治療法なので、なるべくお口の中に入れておいていただく必要があります。また、全ての症例に適用となるわけではないので、ご希望に添えない場合もあります。歯に装置を取り付ける必要がないため、歯磨きがしにくくなったり、見た目が気になると言ったデメリットはありません。マウスピース自体も薄い素材で作られているため、違和感もほとんどなく、矯正を進めることができます。

お子様の未来とお口の健康を守る小児矯正

当院では、永久歯が生え揃っていないお子様の矯正治療にも取り組んでいます。小児期から矯正治療を行うことで、お子様の成長する力を利用することができ、大人になってからの治療よりも負担が少なくなるケースが多く存在します。また、学童期や思春期を、出っ歯や受け口といったコンプレックスに悩むことなく過ごすことができます。さらには、噛み合わせが良くなることで、運動能力や集中力が向上したり、体調が良くなる、というメリットがあります。成人矯正と同じように、矯正治療後の歯並びは歯周病や虫歯のリスクを低減させます。もちろん、全て永久歯が揃ったお子様の矯正治療も可能です。見た目の改善だけでなく、多くのメリットがある矯正治療で、お子様の未来の健康を守っていきませんか?

床矯正

拡大床という装置を使った矯正方法です。取り外しのできる装置をお口の中に入れていただき、顎の骨の成長を促します。骨格から歯並びを整えていくため、お顔全体のバランスを整えることができ、しっかりと噛めるようになります。ご自分で取り外しが可能なため、歯磨きが難しかったり、食事がしにくいなどのデメリットはありません。治療期間は個人差があり、半年くらいで終わる場合もあれば、3年以上かかることもあります。6歳頃から受けていただける治療ですが、骨の成長を利用する治療方法のため、全てのお子様が適用となるわけではありません。しかし、成人矯正よりも、虫歯や歯肉炎などのお口の中のトラブルが少なく、抜歯をせずに済む場合が多く、矯正後のお顔立ちがきれいに整う治療です。

ワイヤー矯正

永久歯が生え揃ったお子様向けの治療方法です。ブラケットというボタンのような装置を歯の表面に取り付け、ワイヤーでつないで歯並びを整えていきます。ブラケットとワイヤーはご自身での取り外しができないため、歯磨きがしにくい、見た目の変化やお口の中の違和感といったデメリットがありますが、歯並びを思い通りに整えることができます。また、ワイヤーとブラケットは目立ちにくい素材を選んでいただけば、それほど目立つということもありません。歯並びがきれいに整ったら、保定装置という歯並びを安定させる装置を入れていただきます。整えた歯並びが元の状態に後戻りするのを防ぐためです。治療期間は個人差がありますが、おおよそ2年ほどです。

Contact お気軽にご相談下さい

オオハシ 028-647-0084

アクセス