歯内療法(根管治療)

  • おおはし歯科ブログ
  • 歯医者の選び方
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン
    • ストローマン

神経に達した虫歯は歯内療法で治療

歯の神経に達した虫歯は激烈な痛みをもたらします。無麻酔で歯を削る痛みを考えれば、その神経が直接細菌に蝕まれているのはどのような痛みか創造できるでしょう。抜歯をすれば、この痛みから逃れることが出来ますが、それでは歯を失うことになります。そこで行うのが歯内療法(根管治療)です。
歯内療法は神経に達した虫歯を保存するための治療です。神経を残すことは出来ませんが、歯自体は残すことができます。神経を取り除き、歯内の消毒を行い、詰め物をし、人工歯冠を被せます。

歯の神経とは

歯の神経とは正確には歯髄(しずい)と言います。歯髄は歯の命です。血管が通っていて、歯に栄養を運ぶほか、温度を感知し、虫歯などの細菌の侵攻に対して歯質を強化して守るなどの働きがあります。この神経を除去するということは、歯が死ぬことを意味します。歯質は神経があったときよりも弱くなり、温度を感じることもなくなります。こうなってしまうと、歯の保存には専門的な技術がとても重要になります。虫歯が重度になるまで放置せずに、痛くなったら早めに当院まで治療にお越しください。

歯科保存学会認定医が在籍

当院には歯科保存学会認定医が在籍しております。この資格は特定非営利活動法人日本歯科保存学会によって、歯科保存学の専門的知識と基本的技能を有すると認定されたことを証明するものです。
虫歯などの保存修復、歯内療法、歯周組織を修復する歯周療法に関して専門的な知識を習得しております。重度の虫歯でお悩みの方はもちろん、歯肉が膿んだ重度の歯周病でお困りの方でも安心して治療を受けていただけます。

根管治療の流れ

根管の測定

蝕まれた神経を取り除き、根管の長さを測定します。

根管の掃除

根管の中を丁寧に洗います。むし歯菌に冒された歯質を除去します。

消毒

むし歯菌が残らないように、薬剤で消毒をします。

根管の充填

薬剤を根管の先端まで詰めます。

被せ物の装着

歯根の上部に土台を置き、被せ物を装着します。

Contact お気軽にご相談下さい

オオハシ 028-647-0084

アクセス